口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

前へ
次へ

投資顧問もネットで選ぶ時代、比較情報掲載しました

インターネット技術が今までにないぐらい普及し、ネットを活用して投資を行う方が十年前と比較して増え続けています。もはや、株式や先物といった投資分野は、専門家だけのものでないと言ってよいでしょう。

しかし、油断は禁物です。投資というのは「一寸先は闇」。ふとした偶然で大金を獲得する奇跡もあれば、些細な判断ミスが一生かかっても払いきることのできない莫大な損失を発生させてしまうことだってあります。これによって痛烈なダメージを受け、幸せな人生から転落してしまう人だっているのです。お手軽に投資ができるようになったとはいっても、そのリスクは依然軽減されておらず、むしろ参入障壁が低くなったことによってよりリスクを真剣に考えなければならない時代になったといえるかもしれませんね。

そんなときに活用していただきたいのが、投資顧問サービスです。投資顧問サービス会社へ会員登録を行えば、投資のプロによる優れた市場分析データと的確な投資アドバイスを受けることができます。

いまや投資顧問もネットで選べるようになった時代です。このサイトでは、ネットで評判がよく人気の高い投資顧問会社を、独自の審査基準からランク付けしています。是非、投資顧問選びの参考になさってください。

おすすめの投資顧問会社一覧

業界の先駆者的存在、新しい不動産運用会社

まずご紹介するのは、「いちご投資顧問株式会社」です。

いちご投資顧問株式会社では「J-REIT」や「インフライールドコ」などの運用を実施。2004年12月に設立された、業界の先駆者的な新しい不動産運用会社です。

J-REITにおいては「いちごオフィス」「いちごホテル」「いちごグリーン」などの運用を受託。投資家の投資の機会を増やす役割を担っています

不動産のテクニックや知識をもとにインフラ市場に参入するなど、強みを生かして運用力をアップ。また、投資家のプロフィットを最大化するため、すみやかな決断、企業の統治制度強化のため、指名委員会等設置会社として設立されています。

設立20年以上を誇るベテランだから信頼できる「増田経済研究所」

次にご紹介するのは、「増田経済研究所」です。投資顧問サービスを行っている会社というのは「研究所」と称している場合が多いですが、別に個人事業というわけではなく、ほとんどが法人として登録を行っているのでご安心ください。

この増田経済研究所の設立は1998年。1998年と言えば、日本国内を未曾有の大不況が長年にわたって襲い続けていた「失われた10年」のきっかけとなった年です。この年の前後には多くの起業家が破産し、大手証券会社の倒産ニュースが世間を騒がせるなどしました。そんな荒波の真っ直中とも言える1998年に設立し、実に20年以上もの間、第一線で投資顧問会社として活躍し続けているのです。これは非常にすばらしいことだと思います。

一体なぜ、この増田経済研究所は20年以上もの間投資顧問会社として継続し続けられたのか。それは他業者とは異なるチャート分析のノウハウなど独自の技術を保有しているからです。投資顧問サービスを提供している会社にとっては、的中率の高さももちろん非常に重要ではありますが、それだけではなく「独自性」も大事であると私は考えています。

数百円の経済紙や経済新聞から得られるような誰でも知っている情報を提供している会社はまず生き残ることができませんし、利用する価値もないでしょう。だからこそ、投資顧問会社というのは独自の観点から株式や先物の市場を分析し、他社よりも高い的中率を弾きだすことのできるシステムを開発する必要があるのではないでしょうか。

この増田経済研究所は、まさにそうした独自のノウハウを最大の強みとしている投資顧問会社です。20年という伝統が、その信頼性を裏付けているといってもよいでしょう。

他社に比べ価格がリーズナブルで利用しやすい「ライジングブル」

次にご紹介するは「ライジングブル」こと「ライジングブル投資顧問株式会社」です。この会社の名前であるライジングブルというのは日本語に直すと「怒れる猛牛」となりますが、ウォールストリートでは、「ブル」は強気相場、を意味します。

この会社の設立時期については2003年とそれほど歴史のある会社ではないようですが、それでも利用者はかなり多いようです。私が調べた情報によれば、その会員数というのが延べ3万人以上なのだとか。投資顧問会社で会員数3万人というのはかなりの数であり、それ程の高い人気を獲得していることがうかがえます(だからといって、優れたサービスであるとは限らない、と私は考えております)。

このライジングブル、一体なぜそれだけ多くの会員数を獲得しているのかというと、どうやらその利用料金が大きく関係しているようです。その他多くの企業が年間20~30万以上もの費用を求めているのに対して、なんとこのライジングブルは3ヶ月9000円からという非常に安価な価格で利用することができます。1年会員として利用したとしても36000円程度なのです。9000円という会員費も驚きなのですが、3ヶ月という期間も個人的には大きなポイントではないかと考えています。

長期的な投資ではなく短期的な投資による一時的かつ大幅な利益獲得を目的とするのであれば、1年間も投資顧問を受ける必要がないと考える方もいるでしょう。そうした人々にとっては、3ヶ月ないし6ヶ月だけアドバイスを受けて退会できるというのは、大きなメリットと言えるかもしれませんね。

設立から18年、ベテランの投資顧問サービス会社「イーキャピタル」

さて、最後にご紹介するのは、東京都中央区日本橋にオフィスをかまえている「イー・キャピタル株式会社」です。この会社が関東財務局長(金商)第549号として登録され、産声をあげたのは2001年のこと。今年で18年目ということになりますね。投資顧問会社としては、比較的ベテラン企業に入る部類です。新興の投資顧問会社の場合、創業から2~3年も経たずして倒産してしまうこともあるので、10年以上運営を行っているというのはそれだけでも安心できる要素です。

そんなイーキャピタルは公式HPにて、モットーとして「4つの強み」を掲げています。それらを列記すると、「高い情報収集力」「コミュニケーション」「オープンであること」「銘柄選定と助言のルール」といったものです。この中でも「コミュニケーション」と「銘柄選定と助言のルール」はなかなか面白いですね。投資顧問サービスにおいてはユーザーとのやりとりがきわめて重要ですから、高いコミュニケーション能力でそのリクエストやニーズをしっかりと聞き出していなければなりません。後者に関しては、投資家の損失が膨らみ、これ以上の損失は危険、と投資顧問が判断した場合、ロスカット指示を遠慮なく出すということのようです。

一般投資家は目先の利ばかり考えがちであり、ロスカットの判断がにぶりがちです。ですので、投資顧問からロスカットを思い切って決めてくれるというのは、かなりありがたいのではないでしょうか。

投資顧問会社おすすめ4選を一覧表にしてみました

さて、本サイトではおすすめの投資顧問会社をご紹介しましたが、情報を簡潔にまとめて一覧にしてみたので、おさらいしてみましょう。

それぞれ人気の投資顧問会社で、利益の確保のみならず、投資家へのサービスにも力を入れている会社ばかりなので、特徴などをしっかり把握して存分に検討してみてください。

各投資顧問会社の詳細情報をもっと知りたい方は、本サイトのそれぞれの詳細ページや公式サイトもチェックしてみてくださいね。

イメージ
サイト名いちご投資顧問株式会社増田経済研究所ライジングブルイーキャピタル
営業時間不明9:00~17:30
土日祝日・年末年始休業
9:00~16:0010:00~18:00
電話番号03-3502-4886フリーダイヤル
0120-980-044
03-5641-560303-5652-0610
アクセスJR有楽町駅日比谷口より
徒歩5分
JR鶴見駅より
徒歩7分
半蔵門線/水天宮前より
徒歩5分
日比谷線 人形町駅
半蔵門線 水天宮前駅より
徒歩3分
特徴①不動産投資信託(J-REIT)、インフライールドコなどの運用がメインオリジナルチャート「増田足」を利用し
投資助言をしてくれる
多数の「株情報サイト」で連載を持ち無料情報も公開している創業18年目を迎える業界では老舗企業
特徴②将来性のある新しい不動産運用ができるサービスが充実しているので投資初心者には安心サービスの提供価格が安く、
3ヶ月9,000円(税込)~でサポートを受けられる
無料コンテンツが複数ある
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

私のおすすめを厳選したので、どの会社も魅力的だと思うのですがいかがでしょうか。一覧にすると細かい違いなどが見やすくなり、より比較しやすいかと思います。やはり注目すべきはメリットの違いや特徴といったところでしょう。

また、おすすめの投資顧問会社として、アドバイスやサポート対応が優れていることは大前提ですが、それぞれ異なるデメリットがあり、また傾向にも違いが見えるので、自分の希望や理想にあったの投資顧問会社を選び、投資家として躍進していただければと思います。

過去の失敗経験から投資顧問探しを行いました

はじめまして、まずはこのサイトを見ているみなさまに向けてご挨拶をさせていただきたく思います。私は40歳男性、都内のとあるメーカーで管理職として勤務しています。そんな私がどうして投資顧問サイトの管理運営を行うようになったのかというと、自身の将来への不安と失敗がきっかけでした。

齢40歳を超え、日々悩まされているのは将来のこと。私も後20年ほど経てば60歳を超え、定年の身。それまでに老後を豊かに過ごせる資金を蓄積しておかなければなりません。不安な経済状況では、このまま少ない月収で地道に働き続けたとしても、いつ何時予期せぬ出費によって貯金を失い、余裕がなくなってしまうかもしれません。その時になって「もっとお金を稼ぐ努力をしていれば」と悔やんでも遅いのです。頭が活発に動かせる今のうちに、資金増加のため奔走しなければならないと考えたのです。

そのために、私はさまざまなことに取り組みました。近年流行している仮想通過やFXに株式・先物まで、お金を増やせる投資術には一通り手を出したと思います。しかし、その成果は芳しくありませんでした。これまで投資と名のつくものにいっさい手を出したことのない私はその法則やルール、ノウハウについてもまったく理解できず、ことごとく損失を出してしまったのです。かろうじて貯金を失うまでは至りませんでしたが、それでも決して無視できない額の資金を失ってしまったのです。家族からも「二度と投資はしないように」と怒られてしまい、すっかり自信をなくしてしまいました。

しかし、そのような中で長年の知人から教えられたのが、投資顧問という存在でした。投資のプロであるスタッフが、会員登録を行ったユーザーに対して的確なアドバイスをくれ、それによって投資の成功率をあげることができるというのです。度重なる投資の失敗で悩む私にとっては、まさにもっとも望むべきサービスであったのです。

投資顧問サービスは膨大、だからこのサイトを作りました

もう後戻りできない私はこれを老後資金アップの最後の手段として、なけなしの自己資金をかけて投資顧問サービスに依頼し、再度チャレンジを行おうと決意しました。

しかし、そこからが問題だったのです。ネットで投資顧問サービスについて探してみたところ、予想以上の会社がヒットしました。いずれも経済紙や株式サイトなどで活躍している投資専門家が代表や顧問として参加しており、サービス内容も充実していて信用できそうなところばかりだったのですが、知人から「投資顧問会社には詐欺まがいなところもあるから注意しろ」と、事前に忠告も受けていたため、安易に会員登録することができなかったのです。

「ここまで悩むのであれば、投資顧問なんて利用しない方がいいんじゃないか」といった考えが頭をよぎったこともありましたが、ここで引けば老後は確実に資金が足りず、不幸になってしまいます。必ず優れた投資顧問会社を見つけるべく、あらゆる方法を駆使して情報を集めました。資料請求はもちろんのこと、電話問い合わせにメール問い合わせ、オフィスを訪問しての直接相談など、半年かけて比較のためのデータを収集したのです。かなり大変でしたが、それでも老後の資金のため、途中でやめることはできませんでした。

そうして見つけ出すことができたのが、都内にある完全成功報酬型の投資顧問サービスでした。その会社は私のような投資に関してほとんど知識を持っていない人間に対しても一からとても丁寧に解説を行ってくれ、その内容もすこぶるわかりやすいものでした。

この投資顧問会社と契約を結び、アドバイスに従って投資を行ったところ、今までの損失続きの状況がウソのように改善し、どんどん利益を獲得できるようになっていきました。今では老後の資金に加え、別荘まで買うことができそうなぐらいの資金的余裕が生まれました。もし、投資顧問会社に依頼せず、このまま無謀な投資を行っていたらと思うと、ゾッとします。

投資顧問サービスの利用がいかに大きな利益を生むか、そして綿密な投資顧問サービス会社選びがいかに重要かをできる限り多くの方に伝えるため、このサイトを作成しました。何分ホームページ制作に関してはあまり知識がなく、知人のアドバイスに頼ってばかりだったので見づらい点は多々あるかもしれませんが、このサイトの情報がお役に立てばとてもうれしく思います。

投資顧問とはいったいなに?


投資顧問は、投資に関する助言を受けられるサービスです。ただし投資の取引をするのは、あくまでも契約者になります。助言する業者が、取引を代行する訳ではありません。ただし顧問会社によっては、運用業という形で代行サービスを提供しています。

銘柄選びや売買タイミングなどのアドバイスのサービス

投資顧問とは、基本的には投資に関するアドバイスを提供してくれるサービスです。投資に関するヒントを得たい方々は、よくこのようなサービスを活用しています。例えば、値上がりが期待できる銘柄に関するアドバイスです。

株取引をするなら、将来有望な銘柄を選びたくなるでしょう。しかし銘柄の数はとても多く自力で選ぶのは、少々大変です。しかし投資の顧問サービスなら、銘柄選びに関する情報を提供してくれます。顧問会社の担当者が、様々なデータを分析して、今後の値上がりが期待できる銘柄を紹介してくれる訳です。また一旦銘柄を保有した後は、どこかのタイミングで売る必要があります。安く購入した株券を、高いタイミングで売るのが株式投資の基本です。

ただ問題は、銘柄を売却するタイミングです。いつでも売る事はできますが、株式投資に不慣れな内は売るタイミングが分からずに迷ってしまう場合があります。しかし顧問会社の担当者は、その売却のタイミングもアドバイスしてくれる訳です。また保有している商品に関しても対応してもらえます。すでにどこかの会社の銘柄を保有しているなら、それに対するアドバイスを受ける事もできます。

投資の取引自体は相談者本人が行う

ところで投資顧問というサービスは、たまに誤解されている事もあります。売買の代行に関する誤解です。確かに顧問会社の担当者は、投資に関する色々なアドバイスを行ってくれます。ただし顧問会社が担当するのは、あくまでもアドバイスに限定されます。実際の取引を行う訳ではありません。

ですから例えば、Aさんという投資家が、顧問会社のBさんという担当者に相談するとします。Bさんとしては、Aさんに対して投資のアドバイスは行ってくれます。しかしBさん本人が取引を代行する訳ではありません。実際の取引は、Aさんが実行する訳です。そしてBさんのアドバイス通りに取引するか否かは、Aさんが決定します。あくまでもAさんが自己責任で取引する事になりますから、注意が必要です。Bさんが投資取引を代行してくれる訳ではありません。

運用業の顧問会社なら取引は代行可能

ところで投資の顧問サービスには、大きく分ければ2つの種類があります。助言業者と運用業者です。前者の助言サービスは、上述のアドバイスに限定されます。あくまでもAさん本人が取引する訳です。それに対して運用業者の場合は、投資の運用を任せる事もできます。ですから取引の代行をしてもらう事はできます。

ただし代行すると言っても、全ての権利を譲渡する訳ではありません。売買に関する権利の一部は譲渡しますが、全てを任せる訳ではありません。ただし投資顧問サービスは、基本的には「アドバイスのみ」になります。ですから両者は、サービスの内容は大きく異なります。

ただ、どちらを活用するにしても、顧問会社は慎重に選ぶ必要があります。サービスの内容が充実しているか否かは、選ぶ顧問会社に左右されるからです。利益率を高めたいなら、優良な顧問会社を選びましょう。顧問会社の公式サイトなどを確認し、各社のサービスを比較してみると良いでしょう。

ですから投資顧問というサービスを活用すれば、投資に関する様々なアドバイスを受けられる訳です。そのアドバイスが、メインのサービス内容になります。そして「取引するのは相談者本人になるかどうか」は、顧問会社次第です。助言業者ならアドバイス限定になりますし、運用業者なら代行してくれます。どちらのタイプの顧問会社なのかは、よく確認しておく必要があります。

投資顧問を利用するメリットとデメリットは?

投資をする際には、いろいろと知識を身に着けることも大切です。大切な資産を増やすためにもできるだけリスクを軽減して効率よく利益を出したいというのが正直なところだといえます。

投資の場合には、さまざまな勉強にもなり知識を増やすきっかけにもなるため始めることのメリットは大きいといえるでしょう。また、プロの助言を得ることも、投資を始めるなら有効な手段になりえることもあるため検討していきましょう。

投資をするにはそれなりに学ぶことも必要

個人で投資を始める場合には、いろいろと学ぶことも多く何も知識ない状態で始めるとリスクが高く、状況によっては資産を減らしてしまう結果に終わってしまうこともあります。そのような事態を防ぐためにも、ある程度投資に関して最低限の知識を身に着けておくことも必要です。

どの分野に対しての投資をするのかによっても知識や情報集めなどに関して違いがありますが、政治や経済などに少なからず影響を受けることもあります。そのため、メディアやネットの情報、その他にもさまざまな出来事に対して幅広く情報を集めてみることも一つの方法です。そのため、常に情報収集をする癖を身に着けておくことは、投資のリスクを軽減させることにもなり、結果として資産を増やすことにもつながります。

ただし、常に情報収集ができるとは限らず、生活、仕事の状況によっては思うようにいかずに悩んでしまう方もいるでしょう。そのような場合には、投資顧問などプロに助言をもらうというのも一つの方法です。投資はしたくてもなかなか自分の思うような環境で投資ができないと悩むよりも、それを補う意味でもプロを頼るというのは有効な手段といえます。

プロの助言を受けることにより得られるもの

投資顧問を利用することのメリットとしてはいくつかあります。投資リスクの軽減、銘柄に関して推奨されるものの提供や分析、客観的な助言による精神面の不安を解消するなどさまざまです。投資をするには当然リスクを伴います。ですが、プロからの助言を受けることにより自分でほとんど情報を集められなかった場合や投資経験が浅く知識が少ない状態に比べると、リスクを軽減することにつながります。

また、銘柄に関して分析や推奨銘柄など色々と教えてくれるので情報収集の意味でも役立つ情報を得られるでしょう。投資においては、時には悩み判断ができないという方もいます。ですが、周囲に相談しても投資に関しての知識がない、興味がなく相手にしてもらえないなど有益な情報や適格な助言をもらえることはめったにありません。このような場合においてもプロに相談し投資に関して適切な助言をもらえることで精神的な負担を軽減することにもなるため、利用してみましょう。

プロを利用することのデメリットは

投資顧問を利用することでデメリットも存在します。投資に関しての助言はもらえても、あくまで投資判断をするのは自己責任であるという点や情報量が必要になるという点です。プロからの助言というのは、とても参考になるため判断に悩む際には重宝できるものではあります。ですが、助言した側がすべての責任を負うことはなく、責任があるのは、投資をする本人である点は忘れてはなりません。しかしながらプロによる助言ではあるため、判断に悩む場合にはその道筋を示してくれる可能性も高く利用する価値はあります。

また、無料で助言をくれるわけではないため当然料金が発生します。この料金に関しては高いと思うかどうかという点は個人の判断にもよりますが、助言が役立ち利益が出たとすればそれほど高くなく感じる方もいるでしょう。ポイントとしては投資に関していい助言があったか、それによって利益が出たかどうかという点が情報料においてデメリットとなる可能性もあります。

メリットやデメリットはありますが、投資に関しての経験や生活状況などによっては、利用してみる価値がある方、必要がないという方など人によってとらえ方には違いがあります。投資においてリスクの軽減や利益を出せるかどうかなどは、様々なものが影響を及ぼします。そのため、自分で情報収集をしてマイペースに投資を行うほうが適している方とプロの助言をもらうほうが投資しやすい方などもいるでしょう。自身がどちらが適しているか判断し利用するかどうか決めるようにしましょう。

改めて考える、独学投資か投資顧問か

ネットの普及によってそれまで投資と縁のなかった方が株式やFX、先物などに手を出すようになりました。そうした方々の多くは投資顧問会社に頼らず、教則本や専門サイトの知識を元に独学で投資に挑んでいるようです。しかし、それはかなり無謀な挑戦であるとはっきり言えます。一体それはなぜなのか、この項目で解説しましょう。

まず第一に重要なのは、教則本などで得た知識は明らかに偏りが見られるということです。たかだか数千円で得られる本や無料で閲覧できる投資サイトに載っているノウハウや知識は、そのほとんどが簡略化、シンプル化されています。そのため、投資を行うにあたって本当に重要となる情報が欠けていることがしばしばあるのです。私はよく休日ドライブに行きますが、自動車の運転にたとえるのであれば、アクセルの踏み方だけを教えてもらって車道に出るようなものです。このたとえを聞けば、いかにそれが危険なことか分かっていただけるでしょうか。

もうひとつの理由は、たかだか本やサイトを数冊数サイト見たところで、専門家がそれまでの経験で獲得したスキルノウハウには到底及ばないということです。教則本を読んだだけで「これで株のことはだいたい分かった」「今日から投資でがっぽり儲けられそう!」と意気込んでいる方がネット上などにはたくさんおられますが、率直に言えば甘すぎます。

投資の専門家は毎日新聞にネット、そのほかあらゆる膨大な情報を精査し、それらを元に分析を行っています。これを何年も続けているから、特殊なトレンドや値動きにも十分対処できるようになっているのです。ネットの普及によって最近参入した投資家の多くは、こういった経験と行動に基づいたスキルや勘が圧倒的に不足しています。これでは、厳しい投資の世界を乗り越えていくことは到底できないでしょう。

独学での株式投資にメリットはほとんどない

それに、独学で投資を行うというのは孤独との闘いです。孤独は人の心を不安にさせます。不安が募れば些細なできごとに対しても必要以上に動揺してしまうようになるでしょう。一時的に株の値が下がっただけでもまるで世界の終わりが訪れるかのように嘆き悲しみ、「もうこの株はあがることはない!」と決めつけて一気に安値で売りさばいてしまう。その後すぐに株価が元通りになり、結局損をする結果になってしまったという方を、私は何人も知っています。投資顧問のアドバイスに基づいて投資を行っていれば、こうした精神的動揺によるミスは大幅に防ぐことができるでしょう。

このように、独学での投資と顧問のアドバイスに基づく投資では、大きな差が生まれます。「教則本をたくさん買ったから大丈夫」「専門のサイトで勉強しているから大丈夫」というのはあきらかな驕りです。投資はそれほど甘いものではありません。先ほども申しましたが、投資の世界というのは「一寸先は闇」。そんな場所に心許ない灯りで挑もうとするのはあまりにも危険すぎます。

「投資顧問サービスと契約をするのはお金がかかる」という方もおられるでしょう。確かに、初期投資資金が少なくなるのは独学のメリットですが、よいところはそれだけです。付け焼刃の知識で投資を行い、数十万あるいは数百万円を失ってしまうことを考えれば、会員費など安いものではないでしょうか。

目先のお金ばかりに捕らわれている人は、投資でもまず成功できません。それでも会員費を支払いたくないというのであれば、はじめから投資を行わない方がよいとすらいえます。無謀な挑戦の先に待っているのはほとんどの場合輝かしい栄冠ではなく、地獄のような悲劇なのですから。いざそのような局面に陥って「あのとき投資顧問サービスと契約をしていれば」と嘆いても遅すぎるのです。

投資で確実に成功しようと考えているのであれば、なによりも投資顧問サービスと契約を行い、専門家のアドバイスに基づいて取引を行う。これがもっとも安全な方法であると、私は考えています。

 

記事一覧

投資を行う時に投資顧問業者を利用することで、自分だけで行う時と比べると成功率がアップすることは少なくありません ・・・[続きを読む]
投資を行う場合、やはり専門家のアドバイスがある方が利益率は高くなるのではと考え、投資顧問業者を利用する人は少な ・・・[続きを読む]
投資顧問業者とは、主として株取引関連のアドバイスを行い、投資家の活動のコンサルタントやフォローしてくれる専門の ・・・[続きを読む]
投資顧問業を営むためには役所へライセンスの登録を行う必要があります。 しかし誰でも登録できるわけではなく、登録 ・・・[続きを読む]
悪徳な投資顧問業者は、利回りの高い新規発行株や収益物件の勧誘をしたり、投資に成功した顧客の成功体験談をアピール ・・・[続きを読む]
良い投資顧問会社の条件としては、投資アナリストなどの資格や経験を持つプロのスタッフが在籍しているところや、メー ・・・[続きを読む]
株式や先物などの投資について、銘柄を紹介したり相談に乗ったりしてくれる存在を投資顧問と呼びます。 そんな投資顧 ・・・[続きを読む]
投資顧問を利用することで、安全に投資を行いやすくなるというメリットがありますが、絶対に失敗しないとは限りません ・・・[続きを読む]
投資顧問業者と契約をするにあたっては、具体的に利用できるサービスの内容や専属のスタッフの経歴、顧客へのサポート ・・・[続きを読む]
投資を行う際、投資顧問業者を利用することでプロのアドバイスを受けたり、色々な情報を得ることができるようになりま ・・・[続きを読む]
グローバル時代においては資産運用の重要性が高まり、資産運用をしたい人が増えます。 金融商品の銘柄はたくさんある ・・・[続きを読む]
投資家に対して株式や債権の銘柄選択やその数量や売買時期などについて助言するのが投資顧問業です。 投資顧問業とは ・・・[続きを読む]
多くの利用者は利益を出すことができなければ、一切お金を支払う必要はないと考えるかと思います。 この考えは成果報 ・・・[続きを読む]
投資をする場合には、プロからのアドバイスをもらうという方法もあります。 特に投資に関してあまり知識、経験がない ・・・[続きを読む]
投資顧問の会社は、銘柄に関する相談は可能です。 自分が注目中の銘柄の将来性に関して、アドバイスを受ける事はでき ・・・[続きを読む]
投資顧問会社の有効活用を考慮に入れる際に必ずといっていいぐらいネックになるのが契約に関する必要な条件といえます ・・・[続きを読む]
老後を見据えて、資産運用を始める方が増えています。 資産運用というと銀行の定期預金などがよく知られていますが、 ・・・[続きを読む]
インターネットで情報を検索するということで、いろいろな情報を簡単に得ることができます。 調べものをする際には便 ・・・[続きを読む]
FXに興味があっても上手に利益を出せるか不安になることもあるかもしれません。 専門知識がある方がトレードで有利 ・・・[続きを読む]
株式投資を効果的に行うために投資顧問会社を利用する場合には、多くの個人投資家から支持されている会社の過去の取引 ・・・[続きを読む]
日本には300社を超えるほど多くの投資顧問会社があります。 最初から自分自身に合う会社に依頼できれば良いですが ・・・[続きを読む]
投資顧問が提供している投資一任契約に関してですが、その契約の取り交わしの内容がどうなっているのかはそれほど知ら ・・・[続きを読む]
投資顧問の有効活用を想定するシーンでネックになる1つに損失発生の時の責任があります。 とりわけ顧問会社は補てん ・・・[続きを読む]
投資をするなら、自分でいろいろと知識を身に着けるということも重要です。 資産運用においてリスクに関して少しでも ・・・[続きを読む]
サラリーマン生活だけでは、これ以上お金を増やすことはできないと感じている人は多いでしょう。 そのため、資産運用 ・・・[続きを読む]
投資顧問会社とは、企業や個人の資産を投資により運用したり助言したりする会社のことをいいます。 基本的には、実際 ・・・[続きを読む]
個人投資家の間で流行っている投資顧問ですが、どんなサービスを提供していて、利用することで得られるメリットは何な ・・・[続きを読む]
投資はものすごく稼ぐことが出来るか、その反対に破産してしまうかの両極端のイメージがありますが、実際はしっかりと ・・・[続きを読む]
投資をする際のリスクを少なくするためにも、投資顧問を活用する人が多くいますが、有料サービスを契約することで抱く ・・・[続きを読む]
顧問契約を結ぶ際には必ず契約書をチェックして、万が一の解約に備えてルールを理解しておく必要があります。 どんな ・・・[続きを読む]
投資顧問会社と契約をして投資の助言をもらえば、知識が無い人にしてみたら大変心強いですが、必ずしも確実に勝てると ・・・[続きを読む]
投資顧問会社と一言で言いましても、様々な種類があるというのをご存知ですか。 一体どのようなサービスを提供してい ・・・[続きを読む]
投資顧問会社はその殆どが無料会員と有料会員の2種類に分かれます。 そのため、お金を支払って契約する前に、実際に ・・・[続きを読む]
投資の助言をしたり、契約者に代わって行為を代行したりする投資顧問という仕事は、一体どのようなものなのでしょうか ・・・[続きを読む]
顧問会社は条件さえ満たせば誰でも簡単に登録する事が出来るといった反面、悪質で違法行為を行っている業者も少なから ・・・[続きを読む]
資産の様々な管理や運用を代行するという意味を持っているアセットマネジメントは、金融資産においてどのような意味合 ・・・[続きを読む]
投資をする場合には、独学で知識を身に着けることも大切です。また、別の方法として投資に関してのアドバイス、情報を ・・・[続きを読む]
投資顧問契約を結ぶと、顧問業者から株式などの有価証券の価値や投資判断について助言を受けることができます。金融商 ・・・[続きを読む]
投資顧問業者を利用する際、時には何らかのトラブルが発生してしまう可能性も無いわけではありません。とはいっても、 ・・・[続きを読む]
投資をする場合には、リスクを伴います。個人で投資をするにしてもある程度の知識や経験がない状態で行うと資産を増や ・・・[続きを読む]
投資活動を効果的に行うにあたって、専門の業者と顧問契約を結ぶ人は少なくありませんが、将来的な損失のリスクに備え ・・・[続きを読む]
投資を安心して進めていく事ができるように、リスクに気を付けながら、取引ができる事も重要になります。サポートして ・・・[続きを読む]
投資顧問を活用するといくら必要なのかという質問に対してはっきりとした答えはありません。 その理由は国内に多くの ・・・[続きを読む]
投資をするにあたり、成功させることも重要です。ただ興味本位に投資を行い失敗してしまったというのでは意味がありま ・・・[続きを読む]
投資顧問は、投資信託とは全く異なります。両者の主な違いは、投資取引などを完全に代行してくれるか否かです。顧問の ・・・[続きを読む]
現政権になって日銀による異次元の金融緩和策が5年以上続き、預貯金に預けていても殆ど資産の増えない時代が続いてい ・・・[続きを読む]