口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

成功報酬型の投資顧問を選ぶ注意点とは?

多くの利用者は利益を出すことができなければ、一切お金を支払う必要はないと考えるかと思います。

この考えは成果報酬型の投資顧問のイメージとしては大方間違ってはいませんが、その鵜呑みにしてしまうのは駄目です。

その理由は、成果が出ないからといって月額の顧問料を一切請求しない所はごく一部に過ぎないからです。

ここで多くの方は成果に対して支払うのが当たり前だと考えますので、成果も出てないのに月額の顧問料が発生するのは疑問に思うかもしれませんが、現実的にはそういう仕組みになっています。

この仕組みを理解しないと後々トラブルにもなることもありますので注意が必要になります。

成果報酬型には大きく分けて2つある

投資顧問会社の中には、2つのタイプがあります。

それは成果報酬型部分成果報酬型になります。

それぞれの考え方をしっかりと認識しておく必要があります。

月額の顧問料は前者はかかりませんが、後者は会社にもよりますがだいたい月額3万円前後の費用がかかります。

次は成功報酬のレートに関してですが、こちらは前者の場合には利益の5割程度となり後者は2割程度になっています。

前者の方が成功報酬のレートが高くっています。

最後は契約期間ですが前者は半年間から1年間となりますが、後者は1ヵ月間から1年間となることが多いです。

このように2つのタイプによって特徴が異なりますので、依頼する前にこれらの特徴をしっかりと理解しておくことが大事です。

大半の会社では月額料金を取る仕組みになっている

多くの会社では、月額で投資顧問料を取る仕組みになっています。

前述で挙げた2つのタイプのうち、部分成果報酬型の仕組みを取っている会社が日本国内では実に9割ほどもあります。

つまり大半の会社が月額料金を取っているということが言えます。

部分成果報酬型の仕組みなので、月額料金は最小限に抑えられています。

そして成果が出ればその成果の一部をその都度追加で徴収していくスタイルとなっています。

追加で発生する成果報酬のレートに関しては、利益の2割程度が相場となっています。

ここで大事なことは、成果が出なければ一切お金を支払う必要がない会社は1割ほどしかないということです。

この点を理解しておく必要があります。

従って成果報酬型のタイプを利用する際には、十分に仕組みを理解しておくことが重要です。

部分成果報酬型の会社にもメリットがある

多くは部分成果報酬型となっていることは前述でも挙げましたが、このタイプは一見するとデメリットも感じることもありますが、実はメリットもあります。

ここで大事なことは、部分成果報酬型はすなわちデメリットということではないということです。

それは部分成果報酬型の仕組みを取っている会社は助言内容に優れていることが多いからです。

会社としても部分的に成果報酬が発生することになりますので、それだけ真剣になるからです。

利用者をサポートしなければ成功報酬を貰うことができなくなるため真剣にサポートしてくれます。

つまりこれは利用する側にとってはメリットになります。

このように利用者に成果を上げてもらうことが会社にとっての利益にも繋がるため、部分的な成果報酬制度を採用している会社を選ぶのは十分にメリットがあります。

ですから部分成果報酬型の会社がデメリットであるとは断言することは言えません。

むしろサポート体制が手厚いので逆にメリットに感じることもあります。

 

投資顧問の会社には成果報酬型と部分成果報酬型の2つのタイプがありますので、その仕組み理解しておくことが大切です。

その仕組みを理解しておかないと後々トラブルに繋がることもありますので注意が必要です。

また日本国内で多いのは圧倒的に部分成果報酬型となりますが、この部分成果報酬型はデメリットに感じる方もいらっしゃいますが実はメリットがあります。

むしろサポート体制が手厚いのは部分成果報酬型の方です。

サイト内検索
記事一覧