口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問の仕事内容って?


投資の助言をしたり、契約者に代わって行為を代行したりする投資顧問という仕事は、一体どのようなものなのでしょうか。
自分自身が会社を経営する場合には資格が必要なのかどうか、実際にはどのような仕事をしているのかなど知っておきましょう。

 

そもそも投資顧問って?

顧問会社を設立して運営する際に、特別に必要な資格というのは実はありません。高学歴である必要もありませんし、税理士や公認会計士といった国家資格を持っていなくてはいけないということもありません。そして、原則として年齢制限もありませんので、一般的には誰でも顧問会社を設立することが可能です。

但し、自分自身の資格は必要ありませんが、会社を運営するためには公的な許可というものが必要となります。投資顧問という仕事は、役所の許可が下りた会社でないといけないと法律で定められているからです。そのため、役所に届出を出していない状態で勝手に運営をする事は違法になりますので、万が一発覚した場合には、罰金や逮捕される恐れがあります。最悪顧問会社自体が倒産する恐れがありますので十分に気をつけましょう。

 

投資運用には2つの仕事内容がある

投資運用業務は主に投資一任業務とファンド運用業務の2種類があります。投資一任業務というのは、投資判断の全てまたはその一部を顧問会社が契約者から一任されるものになります。顧問会社自体がお客様のために投資の判断と決定を行い、投資運用を行います。この業務は法律により株式会社のみが開業することが出来るものであり、顧問会社の登録と内閣総理大臣の許可が必要となります。

ファンド運用業務というのは、ベンチャー企業の育成や事業会社の再生などを目的としており、有価証券などの投資・運用を行う業務となります。ファンド運用業務の中には、不動産私募ファンドの資金を使って資産運用を行うケースもあります。その場合には、投資一任業務と同様に投資一任契約を契約者と結んだうえで、その契約内容に基づいて運用を行います。このような運用業務は、一般的には法人向けで行うことが殆どとなります。個人の投資家向けに業務を行う場合には、投資一任契約ではなく投資助言を行っていることが殆どでしょう。

 

投資助言代理業務とはどんな仕事なのか

投資助言代理業務というのは、株式投資の銘柄やFXのシグナル配信、投資や資産運用の学習教材などを販売しています。投資助言代理業の登録票が必要となり、財務局への登録をしなくては業務を行うことは出来ません。

どのような仕事内容かと言いますと、契約者と顧問契約を結び、その契約内容に基づいて金融商品や有価証券の投資判断や売買推奨といった助言行為を行います。最終的な投資判断は顧問会社ではなく契約者本人が行います。業務を行う際には適切な人材がしっかりと揃っているのかどうか、業務を行うための会社の体制が整っているのか、そして500万円を供託金として納める必要があります。

当然ですが、登録をするにあたって拒否事案に該当しないかどうかというのも重要となります。拒否事案というのは、責任者が未成年ではない、責任者が自己破産の期間中ではない、登録資格の取り消しを受けた人が居ない、前科者が居ないかどうかというものが一例として挙げられます。これらの条件さえ満たせば誰でも登録をする事が出来ますので、開業をするにあたっては病院や資格を必要とするビジネスよりもハードルは低いと言えるでしょう。

 

投資顧問の仕事は、助言をするのか一任をするのかによって大きく内容も変わってきます。但し、絶対に会社を設立するにあたって資格を必要とするわけではありませんので、条件をきちんと満たせば誰でも顧問会社を設立することが出来るでしょう。
とはいえ、投資の助言をするというのは簡単な仕事ではありませんので、きちんとした知識を身につける事が重要だという事を忘れないで下さい。

サイト内検索
記事一覧