口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問の一任契約とは?

投資顧問が提供している投資一任契約に関してですが、その契約の取り交わしの内容がどうなっているのかはそれほど知られていません。

とりわけ契約を結べばどれぐらいの見返りが見込め、ほかのプランとどういったことが違うのかについて把握することは重要になります。

 

実際に委任する具体的な工程について

投資に関係したすべての工程の中の全部あるいは一部を顧問に委託する契約になります。

任せる投資活動においての工程についてですが、まず広範囲に及ぶ商品分析を実施することがあげられます。

そして、投資先の候補をリスト化し投資商品を決めることになります。

さらに、買い入れる量を決定し売り払うタイミングを決めることになります。

こうした工程を委託することになります。

つまり、投資商品の分析それから、投資先の取捨選択そして、投資先並びに投資金額のジャッジ、取引の執行になります。

要するに、こうした行為の全部あるいは一部を任せる契約の取り交わしとなります。

 

必要となる費用および契約の方法

コストに関しては実際のところ相場はあるようで無いものといえます。

その理由はそれぞれの投資顧問で供与している料金のプランニングそのものが異なるためです。

現実に成果連動スタイルの制度を導入している会社もあれば、成果だけに限らず固定化された料金を取る会社も存在するからです。

事例として投資額から2%から5%程度が抜かれるパターンがあります。

ひとつの例として3000万円相当分の投資を委託する場合、2パーセントの会社でしたら60万円ですし、5パーセントの会社でしたら150万円になります。

因みに契約を交わす際の最低投資額に関しても会社によって違ってきます。

それから、契約手法はとてもシンプルで、投資一任契約を取り扱っている顧問会社に行き、書面によって契約書を交わすこととなります。

こうした契約書には顧問サイドに持たせる権限の範囲であるとか投資規模などが実際のところ記述されることになります。

さらに契約を交わす際は基本として書面合意が前提です。

要するに、インターネット上で手間なくワンクリックで申し込みができるわけではないです。

 

契約を締結する際の留意すべき点

留意すべき点は多額の損失リスクがゼロではないことがあげられます。

これに関しては、一任契約が投資の判断から始まり決済に至るまで任せるためです。

こうした場合、失敗の契約を結ぶと収益があがらないばかりか損失が生じることになります。

投資に関しては自己責任という以上、契約を交わす際は契約を締結することによって大きなマイナスリスクで責任を持つことになるポイントはしっかりと押さえておく必要があります。

それに加えて、クーリングオフ対象にならないことも注意すべき点です。

国の法律で決められたクーリングオフ対象になる契約の中に存在していません。

要するに、ひとたび契約を結んでしまうと期間満了するまで自ずと契約の締結を継続することになってしまいます。

それから、しっかりした実績があるか否かも注意点です。

実際のところ顧問の実績は一社ごとに違ってくる以上、オフィシャルサイト等で過去の成果をあらかじめチェックすることをおすすめします。

当然ですが、それぞれの顧問で契約においての最低資金が違う以上、予定している予算にあう会社もあれば、合わない会社も出ます。

自明のことですが、予算に合わない顧問は排除することが必要です。

 

投資の運用業者がクライアントサイドから投資判断のすべて、または一部分を一任され、投資判断に基づく権限を委任され投資を実施する契約の締結のことを投資一任契約といいます。

具体的には、証券価値等のリサーチや銘柄選別、資産管理などが挙げられますが、契約上注意すべき点もあります。

サイト内検索
記事一覧