口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問の契約の流れを知っておこう


投資顧問契約を結ぶと、顧問業者から株式などの有価証券の価値や投資判断について助言を受けることができます。金融商品取引法の規定により契約締結前交付書面などもありますので、流れについて理解しておきましょう。

 

 

 

 

助言型と投資一任型の契約の違いを理解する

まず、顧問契約には投資助言契約と投資一任契約の2種類があります。大きく違いますので、まずはどちらで契約するのか理解が必要です。一般的には投資助言型が多いですが、顧問会社は投資に関して助言のみを担当し、判断は契約者が行うタイプです。売買も契約者本人が行い、顧問会社は責任は一切負いません。つまり、アドバイスの有効性を判断したり、実施に商品を売買するかどうかは契約者本人の責任になります。資産運用の相談をするイメージに近いと考えれば良いでしょう。

一方投資一任型は、投資自体を顧問会社に任せる契約になります。運用代行なので、購入した投資商品の売買も顧問会社が担当することになります。もちろんこちらは顧問側の過失がある場合、弁済責任も負ってもらえます。助言に特化した顧問契約とは実態が異なりますのできちんと押さえておきましょう。

契約前に確認すべき書類に目を通す

流れとしては、契約形態を決めて契約することになりますが、その前に重要なのが契約締結前交付書面の確認です。契約締結前交付書面とは、顧問契約を結んだ際に想定されるリスクについてまとめられた書類です。投資においては、あらかじめリスクについて当人が深く理解していることが重要になるので、金融商品取引法において厳しく規定されています。書類には契約後に起こり得るリスクや問題点が挙げられていますので、まずはそれをすべて把握してください。取引説明書などの名称で交付しているところもあります。取引にかかる手数料や商号・登録番号なども記載されていますので、よく目を通しておきましょう。

また、併せて諸条件や契約解除に関する書類も確認が必要です。どうしても記載項目が多く、法律の専門用語もあるので読みにくいかもしれませんが、後で知らなかったでは済みませんので理解が必要です。チェックポイントは、前述の通り契約形態の種類の確認、顧問契約の期間、提供されるサービスの内容などです。そして金額ももちろん確認しましょう。中には完全成功報酬型のサービスなどもあります。また、解約条件や顧問サービスの免責事項なども書かれてあるはずです。各種禁止事項もありますので、ルールについてもよく調べておきましょう。

一般的な契約の流れと契約解除について

詳細な契約の進め方はそれぞれの会社によって異なりますが、基本的には事前に書面をチェックして、内容に合意すれば契約となります。担当者が投資したい内容に合う運用方法を提案し、サービス内容について説明をするのが一般的でしょう。一任契約の場合は同時に専用口座を開設し、そこに運用する資金を入金することになります。

締結時には契約締結前書面を読み合わせして契約内容を確認し、不明な点をすべてクリアすれば本契約となります。契約は1年ごとに更新となるのが一般的で、契約開始日から早速投資に関する助言や運用が始まります。希望すれば3ヶ月毎など定期的な面談や投資セミナーを受けられるところもありますので、積極的に利用しましょう。1年後には実績を確認し、契約を更新するか終了するかを判断します。

ここまでが顧問契約の締結に関することですが、気になるのが一度合意した内容は解除することができるかどうかです。法的な制度の範囲内であれば、一度合意して契約した内容も解除することは出来ます。クーリングオフ制度と消費者契約法とがありますが、クーリングオフは有効期限がありますので注意しましょう。

消費者契約法の場合は、解除が認められる条件が厳しく、断定的な表現があった場合、取消権の追認から1年以内で契約締結から5年以内となります。立証が難しく厳しい内容なので、解除を考えるより契約前にしっかりすべてを把握しておくことが何より大切です。

 

投資顧問契約では、まず助言型と投資一任型の違いを理解しましょう。次に契約締結前交付書面を確認し、サービスの詳細な内容とリスクやルールについてきちんと読み合わせをするステップが大切です。すべてクリアになったら、契約書を締結し、早速助言や運用が開始となります。

サイト内検索
記事一覧