口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問契約の際、期間に注意しよう

投資顧問会社の有効活用を考慮に入れる際に必ずといっていいぐらいネックになるのが契約に関する必要な条件といえます。

とりわけ契約の取り交わしの解除のルールがどうなっているかなど期間に関して気がかりな点があります。

クーリングオフ制度利用時のポイント

ひとたび投資顧問と同意した中身も国の法律に準拠する範囲内でなら破棄することが可能です。

クーリングオフシステムとは、一定期間なら結んだ契約の取り交わしを解除できる制度です。

金商法第37条の6で定められています。

具体的には、交付書面の受領より10日以内、解除の旨は書面、契約の中身が投資助言契約であることがあります。

一切合切の条件を満たしクーリングオフ制度を活用すれば、解除できるので、もうすでに払った顧問料は返ってきます。

しかし、クーリングオフ使用時の返金額については満額の適用にならないことがほとんどになります。

これは、契約の取り交わしの日から時間が経過している場合、サービスの一部分を受けたとみなされるためです。

因みにクーリングオフ使用時のルールは契約書に定まっています。

したがって、契約書に書かれているクーリングオフ活用時の返済する額のルールや処理方法を確認することが重要になります。

クーリングオフ制度および消費者契約法の関係性

基本として投資顧問の契約の締結を解除するケースではクーリングオフ制度を有効に活用することになりますが、クーリングオフ制度は有効期限が存在します。

要するに、かりにクーリングオフにおいて一定の時間が経過した場合、クーリングオフ制度の有効活用を求めても、利用できません。

こういった時に活用を考えたいのが消費者契約法に従った契約解約になります。

こちらの消費者契約法とは勧誘者側の説明不足、あるいは誇張表現によって消費者が契約の中身を誤ったケースで契約そのものを解除できるシステムです。

説明不足、あるいは誇張表現とは顧問側が絶対儲かるといった断定的な保証並びに契約行為の強要を実施した時が当てはまります。

これらに関しては違法行為である以上、ひとたび結んだ契約の取り交わしは解除できます。

因みに契約を破棄できるのは、説明不足や誇張表現の場合だけに限りません。

書面に不備があったり、誤解の原因となる表現があった際にも基本として適応されることになります。

以上のように顧問契約はクーリングオフ適用が終わった後も契約解除できる可能性が考えられます。

消費者契約法に準拠した契約解除の条件とは

消費者契約法を基にした契約の取り交わしの解除が適用されるためには条件を満たすことが不可欠です。

まず 断定的な表現、取消権の追認より1年内、契約から5年内の条件を満たす必要があります。

消費者契約法の活用条件に関しては、クーリングオフよりも厳しいです。

とりわけ断定的な表現を立証するには録音テープなどがなければ分析的に判断が不可能なので、対処は困難といえます。

つまり消費者契約法を有効に活用するのは難しいということができます。

そういったことを考えると顧問の契約解除は、 可能であるならクーリングオフの対象の期間のうちに手を打っておきたいものです。

因みに消費者契約法に対して抵触する活動を行う顧問は劣悪な顧問です。

しかしながら、あらかじめその特徴を押さえて契約の取り交わしの相手に選択しないことが最適です。

 

顧問契約は終結後、金商法37条の6に則ってクーリングオフができます。

また、確実に儲かるなどと誘われ、契約を結んだ場合にも、契約を取り消すことが可能です。

消費者契約法に根差している取消権は、追認できるときから6か月間か、契約を交わしたときから5年間のいずれか早いほうが満了したときに消滅します。

そして、クーリングオフ期間が経過後も適用出来ます。

ただし、顧問契約時には、こうした制度の期間に注意を向けることが重要になります。

サイト内検索
記事一覧