口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問会社の登録方法は?

投資顧問会社とは、企業や個人の資産を投資により運用したり助言したりする会社のことをいいます。

基本的には、実際に顧客である企業や個人の資産を預かって状況を判断して投資運用していく運用会社と、顧客の資産は預からないであくまでも投資運用の助言をしていく助言会社に分かれます。

ここでは、投資運用会社や投資助言会社を利用しようと考えた時の登録方法について解説をしていきます。

 

投資助言会社へのお試し登録などの無料登録

投資助言会社の中には、実際に登録する前にどのような投資への助言をしてくれる会社なのかを知ることができるお試し登録ができる会社があります。

お試し登録は、入会金や手数料などの費用をかけることなく投資の参考になることを配信してもらえますのでとてもお得です。

投資助言会社への無料の登録をすると、一般的にはブログやメールマガジンなどで株価の見通しや注目の銘柄の情報などを配信されるところがほとんどです。

そして、この情報を参考に投資家が、投資をしていくのが無料登録の流れになります。

無料登録の場合はこれらの役に立つ情報を得るだけで終了なのですが、助言会社の中には有料の助言会社のように個別に助言をしてくれる会社もあるのです。

ただし、何回か限定の場合がほとんどです。

 

投資助言会社への有料登録の方法

投資助言会社に登録をしようと考えたら、まずどこの投資助言会社に登録をするか決めなければなりません。

投資助言会社の中には得意分野やリスクやリターンの考え方に傾向があるため、自分や自社にあっているところを探さすことをおすすめします。

また、投資助言会社に支払うお金は、入会金や固定会費や成功報酬などがあります。

そして、登録時に支払う入会金や固定会費などの費用は、会社によります

そのため、自分や自社の予算に合わせて決定する必要があるのです。

登録する投資助言会社が決定したら、投資顧問契約などをきちんと確認し同意をしましょう。

同意ができたら、登録者の情報を記入し、支払い方法を選択したら登録が完了します。

 

投資運用会社を選択して登録する方法

投資運用会社は、そのほとんどが投資信託の委託会社であることから投資信託会社と呼ばれることもあります。

投資運用会社は、銀行や保険会社などの子会社であることも多く、他にも独立系の会社であったり、他業界を母体としている会社もあります。

さらに、外資の銀行や証券会社を親に持つ会社もあるのです。

母体がどんな会社かによって投資傾向が異なっていますので、投資運用会社に登録をする時は母体が何かを調べることも大切です。

他にも投資運用会社を選択して登録するためのポイントとして、運用する資金の性格が何かによって変わります。

例えば、当面使う必要のない資金を投資しようとしている場合は、少々リスクがあってもリターンが大きい金融商品への投資が向いています。

一方、早めに使う資金を投資する場合は、リスクが少ない堅実な金融商品を扱う傾向のある投資運用会社が向いているのです。

 

投資顧問会社への登録方法のうち、投資助言会社への登録には無料登録と有料登録があります。

無料登録は入会金や手数料が無料のため、ブログやメールマガジンで投資の参考になるようなことを配信するサービスが主になります。

一方、有料登録は入会金や手数料がかかりますが、個人や企業ごとに投資に対した適切な助言をしてくれるのです。

投資運用会社は、運用会社の母体により投資の傾向を知ることができますので、状況に適した投資運用会社を選択して登録することが大切です。

サイト内検索
記事一覧