口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問の料金の目安はどれぐらい?

投資顧問を活用するといくら必要なのかという質問に対してはっきりとした答えはありません。 その理由は国内に多くの顧問があり、それぞれの会社のプランの料金には開きがあるので、どういった会社を活用するかで不可欠なコストが大きく変動するからです。

その一方で、相場が分からないと注目した顧問の費用は安いのか、高いか分かりません。 この状態では仮に気に入った顧問を見つけてもコストがネックになり、契約を交わすべきか迷ってしまうことがあります。 ですから顧問料の相場について理解することは重要になります。

 

顧問のおおよその相場の金額について

まず第一に顧問の相場の月額費用についてですが、凡そ5~10万円といえます。 この相場を聞いての反応は様々と考えられますが、この値段というのは格安の顧問と高額な顧問の顧問料の平均値になります。

したがって、月額の顧問費用がそれ以下の会社が割安だとは言い切れませんし、その反対に月毎の費用が超える会社が割高とも言うことができません。 すなわち1つの目安は理解して損はありませんが、過剰に気にすることはあまりお薦めできません。

金額とサービスのクオリティの関係性

ホテルであってもレストランであっても費用の額とサービスのクオリティにはそれなりの関係を持っていますが、顧問選考においてはこうした関係性はそれほど当てはまりませんので十分に理解することが重要になります。 実際に月額コストが多額の投資顧問の場合でも度々外れる銘柄を案内しますしそれから、月額コストが安い会社であっても情報そのものが非常によく当たる会社も少なくありません。

このあたりを考えると月額コストが高い顧問は素晴らしく、それに対しコストが安い顧問は効果なしという方程式は顧問選考においては原則として結び付きません。 顧問会社のサービスのクオリティにつきましては、基本として顧問サービスの必須コストとは関係ないという点は押さえておいた方が良いでしょう。

回収できるかということがポイント

ポイントは要するに、顧問に対して払った費用を結果的に回収出来るか出来ないかになります。 具体的には、1年で100万円の費用を顧問に払ってもアドバイスに耳を傾けて1000万円のプラスが投資で生じれば元が取れます。 このようなケースでは一見すると高い金額の一年あたり100万円という顧問利用料は現実には割安ということになります。

改めて言うまでもなくこうした話は逆の場合にも同じことが言えます。 仮に顧問に対して払う月額が安くても大して収益があがらない場合、支払った安い金額の回収は不可能です。 払った費用を回収できないのですから、他の会社の顧問料と比較して割安でも結果的に割高になってしまいます。 要するに顧問を選択する際は額面よりも回収できるかできないかにスポットを当てることがキーポイントになります。 かりに回収することが可能でしたら割高な費用形態でも払う価値があるといえますし、回収がとても難しいのでしたら割安でも契約の取り交わしを控えることが重要です。

 

顧問業者につきましては、クライアントに対して有価証券もしくはデリバティブ取引に対する投資についてアドバイスし、あるいは投資一任を受け、対価を手にする会社組織ですが、日本国内には多数の会社があります。投資を有利に実行するために投資顧問の選考が大事になってきます。改めて言うまでもなく、投資に関する情報については、コストが安いからといって必ずしも良いわけではありません。的確なアドバイスがなければ、意味がないどころか逆効果です。要するに払った金額以上を回収できるかということが重要な点になります。このポイントをしっかりと理解して、金額のみにとらわれず顧問の選考を行うことが重要になります。

サイト内検索
記事一覧