口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問業をするための資格はある?

現政権になって日銀による異次元の金融緩和策が5年以上続き、預貯金に預けていても殆ど資産の増えない時代が続いています。そこで、ある程度の資産を持っている人は少しでも利回りの良い金融商品を求めて情報収集しています。

しかしながら、資産運用する場合にローリスク、ローリターン、及び、ハイリスク、ハイリターンの大原則が変わるものでありません。しかも、こうした膨大な情報が混然一体となって一般投資家の周りに溢れかえっているイメージです。

 

様々な金融商品の相場展開に惹きつけられる一般投資家

株式や債券、或いは不動産や為替等、様々な金融商品が金融機関の店頭やウェブサイトで販売されており、夫々の市場が相場を形成して一般投資家を惹きつけています。これらの商品は時には相場への思惑も絡んで大きく価格変動することがありますが、商品ごとの特質があり、値動きや流動性等が大きく異なります。

一方で、多くの一般投資家が様々なルートを通じて関心のある相場情報を収集して、日々資産を増やそうと金融商品の動静に目を向けています。夫々の商品の相場展開には日々刻々、内外の政治、経済、社会に係る多くの要因が関係する一方で、多額の資金を動かす内外のファンドが恣意的に相場展開を動かそうと画策することもあるわけです。

成熟型経済のグローバル化で容易でない資産形成

ところが、ネット社会になって世の中の変化が益々激しくなり、関連情報が一層増えています。一般投資家が目を凝らしても得られる情報は限定的なものなので、個人の収集能力では限界でしょう。大きな影響を及ぼす相場変動行動は一般投資家の目の届かないところで行われているのが殆どです。

このため、一般投資家としては投資顧問業の専門家であればこうした動きを把握できるかもしれないとの期待感を抱くわけです。現に、GDPの伸び率が低くても最近の株式市場全体が明るいムードに包まれているだけに上昇基調を囃す専門家が多くなっています。このため、専門家はしきりにウェブサイトや業界紙等に考えを掲載して会員を募っています。

資産運用を任せるには登録された業者の中から選択

投資顧問会社は無料銘柄情報と会員向けの有料銘柄情報の2種類を使い分けて会員を増やそうとしています。そこで、一般投資家の中には他には知られていない儲け情報を教えてくれる可能性を期待して専門家を抱える会社と顧問契約を結んでアドバイスをもらったり、或いは、資産運用まで一任する人があとを絶ちません。

もちろん、正式に投資顧問業を営むのに特別な資格があるわけでないものの、金融庁に登録し、営業許可を受ける必要があります。但し、登録された専門の業者に任せても儲けられるとは限りません。また逆に、世の中には免許がなくても投資判断に関する助言記事を雑誌等に掲載したり、セミナーで話している内容が的中する確率の高い専門家もいます。

要は実力のある専門家を見つけて信頼できることこそ大切なのです。従って、安心して信頼できる専門家を探すには法律に基づいた役所への登録を行って営業許可を受けている会社を選ぶことが基本的に必要不可欠です。その上で、顧問契約の仕方には2種類ありますが、どこまで任せるか、契約内容を良く考えて選ぶことです。

特に、投資運用まで一任すると投資判断や受注売買の権限まで任せることになるので自分の従来の経験や知識と異なる投資行動になるはずです。従って、この点が顧問契約する際の大切なポイントになるはずです。いずれにしても専門家の情報や行動を自分でフォローしなければ納得いく儲けを得るのは難しいと認識しておくことです。

 

今世紀に入って人口減少と少子化の影響を受けながらも国内全体の経済がやっとプラス側で成長していますが、決して手放しで喜んでいられる局面でないことは多くの人の共通認識のはずです。このような成熟型社会の経済状況の中で高い的中率の投資判断を続けることは専門家といえどもたやすいことでありません。当たり、外れがあっても長い目で見ていかないと専門家に頼った自分の考えが的を得ていなかったということになりかねません。

サイト内検索
記事一覧