口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問と投資信託の違いって何?


投資顧問は、投資信託とは全く異なります。両者の主な違いは、投資取引などを完全に代行してくれるか否かです。顧問のサービスは、基本的にはアドバイスに限られます。それに対して信託の商品は、専門家に一任する事になります。また料金体系も異なります。

 

 

 

投資に関するアドバイスをしてくれる顧問サービス

株や外貨投資などを検討していると、アドバイスを受けたくなる場合があります。株や外貨に投資する目的は、利益です。株価の値上がりを期待し、株を購入するのが一般的です。ただし自力で投資を行っていると、伸ばせる利益に限界を感じてしまう場合があります。また投資にはリスクがあります。どうやってリスクを抑えれば良いか、悩んでいる方々も少なくありません。その場合は、投資に関するアドバイスを受けるため冒頭で触れた投資の顧問サービスを活用してみる選択肢があります。

例えば、取引の方法に関するアドバイスです。株の取引方法には、色々なやり方があります。値動きを分析するツールなどを活用し、取引をする事もあります。問題は、そのツールの活用方法です。ツールを適切に使用しないと、利益は伸びづらくなってしまいます。しかし上述の顧問のサービスを活用すれば、ツールに関するアドバイスを受ける事もできます。

それと資金管理です。投資は、資金の管理は必要不可欠です。資金を全て投資に使うのではなく、一部分に限定する方が良い事もあります。投資に不慣れな内は、資金の管理方法が分からない事も多いです。しかし投資の顧問サービスを活用すれば、資金管理のアドバイスを受ける事もできます。

なお投資の顧問サービスによっては、代行依頼も可能です。実際の取引を、顧問会社の担当者に任せて、利益を出すよう頑張ってもらう訳です。ただ、投資の顧問というサービスは、基本的には「アドバイスのみ」になります。取引を実際に行うのは、あくまでもアドバイスを受ける本人です。代行というより、アドバイスに重きが置かれたサービスになります。

取引を完全代行するのが信託商品

それに対して投資信託という商品は、完全に代行してもらう事になります。信託商品の場合は、そもそもアドバイスを受ける事はありません。銘柄選びに関する情報を得る事は可能ですが、利益を伸ばす為に取引を行うのは、あくまでも専門家になります。上述の顧問サービスの場合は、そうではありません。

顧問会社の担当者としては、投資に関するアドバイスはしてくれます。しかし、そのアドバイスを元に取引するのは、あくまでも相談者本人です。一応は顧問会社の担当者に取引代行してもらう事も可能ですが、原則として相談者本人が取引する事になります。取引を「完全に任せる」サービスではありません。それに対して信託商品の場合は、専門家が完全に取引を代行する事になります。ですから信託商品は、銘柄をよく選ぶ必要があります。信頼できる銘柄を選んでおかないと、元本割れになる可能性もあるからです。

投資の会社に対する手数料システムも異なる

また両者は、手数料も異なります。信託商品の場合は、様々な手数料を払う事になります。販売手数料や信託報酬などを支払うのが、一般的です。そして信託商品の場合は、銘柄を購入する事になります。その購入のタイミングにて、証券会社などに手数料を支払う訳です。

それに対して投資の顧問というサービスは、月1回は料金を支払う事になります。賃貸物件の家賃のように、1ヶ月1回ぐらいの頻度で、料金を支払うのが一般的です。信託商品のように、何かを購入する訳ではありません。ですから両者は、手数料のシステム自体が異なります。

 

結局は、投資顧問と投資信託は「アドバイスのみ」のサービスになるか否かの違いがあります。アドバイスに限定されるのは、前者の顧問サービスです。そして取引を完全に任せるのが、信託商品になる訳です。どちらも投資に関連するサービスですが、内容は全く異なる訳です。

サイト内検索
記事一覧