口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

投資顧問業者とトラブルが起きた際の対処法


投資顧問業者を利用する際、時には何らかのトラブルが発生してしまう可能性も無いわけではありません。とはいっても、頻繁にトラブルが起きてしまう訳ではない為、実際に直面するとどうすれば良いか分からないと言う人もいます。正しく対応する為にも、まずはどんなケースの場合はどう対処するかを事前に知っておく様にします。

 

 

 

助言を聞いたら大損してしまった場合

投資顧問を利用すると、どの様に投資すれば良いかの助言を受ける事も出来ます。とはいっても為替は予想通りに変動するとは限らず、時には大損に繋がってしまう事も決して珍しくありません。そこで業者にその責任を取ってもらいたいと考える人もいます。この場合、業者に責任を取って貰えるかどうかはその時の助言の内容がどうなっていたかと言う事が大きく関係してきます。

一般的な助言が行われ、利用者自身が自分で判断をして投資を行った場合は、自己責任と言う事になるので業者への責任を追及する事は出来ません。しかしその時の内容が虚偽の内容だった場合、断定的な判断が業者によってなされている場合は契約解除をするだけでなく、その利用料の返還請求もできるようになっています。

契約途中でも中途解約できる場合が有る

実際に業者と契約をしている場合、何らかのトラブルによってどうしても契約を継続させたくないとなってしまう事もあります。その場合、中途解約も実際には可能となっている場合も少なくありません。ただ中途解約に関しては、契約書にその規定があればその通りに進めていく事が出来ますが、その規定が契約書の中に無い場合は勝手に解約手続きをするのはあまり好ましい事だとは言えません。

なぜなら、新たな問題が発生してしまう原因にもなり得るからです。契約書の中に中途解約に関する規定がない場合は、契約している業者と協議をした後にどの様にするかを決める事になります。そして両者の言い分から結論を出す形が一般的です。また、これから業者と契約しようと考えている場合は、必ず契約書の中身をしっかりと見てからサインする様にします。

中途解約に関する規定が書かれている場合でも、実際には自分の方には不利益な内容となってしまっている事もあるからです。したがって、きちんと契約書の内容を読み、その内容に対して納得してから契約手続きを行うようにしましょう。

全くサポートしてくれない時はどうするか

投資顧問を利用する場合、実際にはどの様に投資をすれば良いかの助言を貰う事が出来るようになっています。もちろんその助言通りに動くかどうかは利用者が判断する事になっており、業者の方が利用者に対して強制する事は出来ません。ただ、助言自体は適宜行われる必要がありますが、それがしっかりと遂行されないと言う場合も有ります。

この場合、料金だけ払って全くサポートを受ける事が出来ないという事態にもなり得ます。実際に業者は日本全国に数多く存在しており、利用したお陰で投資で利益が出たと言う人も少なくありません。したがって利用するメリットは十分にあると言えますが、時には全くサポートを受けられないと言う事もあります。そんな場合はまずは契約解除を進めると言う事になります。契約書にその内容が有ればその通りに進めて行けば解約は完了します。またよく分からないと言う時は弁護士等に相談すると、どの様にすれば良いかだけでなくどんなポイントに気を付ければ良いか等も教えて貰う事は十分可能です。

 

実際に利用して投資に関するアドバイスを受ける場合、サポートを受ける事が出来ないとか、損失が発生してしまうと言う事は十分起こり得ます。とはいえ、起きる可能性は有るから諦めるしかないと言う訳でも有りません。まずはどの様なケースが起こり得るのか、さらにその場合にどの様な対応をすると良いかを予め知っておくと良いでしょう。また分からなくなった時に相談はどこにするかも事前に決めておくと、いざという時に慌てずに済みます。

サイト内検索
記事一覧