口コミで人気と評判の投資顧問会社おすすめを比較してご紹介!【アドバイザーが初心者にも優しく投資を助言!】

初心者にオススメの投資の種類とは?

サラリーマン生活だけでは、これ以上お金を増やすことはできないと感じている人は多いでしょう。

そのため、資産運用を始めてみようと考えてはみたけれど、ほとんどの初心者はどの種類の運用から始めればいいかで悩むかもしれません。

初心者が運用をするのに損をしない考え方は、資産を長期的に分散して積み立てしていくことです。

一攫千金のような運用の仕方は、初心者には向いていません。

運用は、リターンだけを考えるのではなく、リスクを考えながら目標を立てて行うことが大切です。

ここでは、初心者が運用を始めるのに間違えることがないように、オススメの投資の種類を挙げていきます。

 

リスクを負わず損をしないための運用商品

初心者が運用をするのに、できるだけリスクを負わないためにはバランス型投資信託が良いでしょう。

この商品は、運用者から集めたお金を専門家であるファンドマネージャーが株や債券に運用をしていき、その運用益を運用者に分配していく商品です。

一人ではなく大勢の運用者からお金を集めるため、多くのお金を運用でき、分散をすることでリスクを防ぐことができます。

バランス型の特徴としては、国内株式や国内債券、場合によっては外国株式や外国債券にバランスよく配分して運用していきます。

バランスよく配分していくためその分リスクは軽減されますが、必ず運用益が上がるわけではありません。

場合によっては損をすることもありますので、元本が保証されている商品ではないのです。

 

株の売買による運用で利益を上げる

株取引とは、企業が発行する株を売買して資金を運用していくことです。

株は基本的には企業の業績が上がっていけば値上がりし、業績が悪くなれば値下がりします。

初心者が株取引をするためには、企業の動向を把握していくことがなかなか難しいことではありますが、正確な知識や情報をきちんと集めればうまく運用していくことができます。

株取引は株の値の上げ下げが激しい分、リスクもリターンも大きい取引です。

株を持っていると、売買による取引の他に企業独自の商品やサービスの特典が受けられる株主優待や、企業が利益を上げた場合の配当金が還元されたりします。

また、株の売買には、証券会社の証券口座がないとできません。

そして、株取引には、証券会社への手数料が必要になりますので、手数料が安いところを選ぶと良いでしょう。

 

知識がなくてもできるロボアドバイザー

ロボアドバイザーとは、運用者の年齢や簡単な資産状況などを答えていくだけでその運用者にあったおすすめの運用プランを人工知能(AI)が考えてくれるサービスです。

ファンドマネージャーに代わって人工知能が考えてくれるため、コストもかからず高度なアルゴリズムを利用することができます。

ロボアドバイザーを利用するメリットは、運用者に代わって商品の選択や分配を行ってくれることと、契約によっては運用実績によってポートフォリオの見直しなども自動に行うことができることです。

そのため、まったく運用知識のない初心者であっても、自分では何もしなくても勝手に世界各国の運用商品に分配運用をしてくれます。

運用者にとっては自分で難しい勉強をしなくても、ロボアドバイザーが最適な運用をしてくれるためとても便利な商品なのです。

 

このように初心者におすすめの運用商品として、まずは運用者からお金を集めたファンドマネージャーが分散して運用していくためリスクが低い、バランス型投資信託があります。

また、株の値の上げ下げが激しいため、リスクもリターンも大きい株取引があります。

しかし、株取引は、きちんとした知識や情報があればリスクを軽減することもできるのです。

そして、初心者に人工知能が最適な運用を考えてくれるロボアドバイザーがあります。

ロボアドバイザーは、まったく運用に関する知識がなかったとしても勝手に分配運用をしてくれるのでとても簡単です。

サイト内検索
記事一覧